美容

ラウレス(ラウリル)硫酸Naとは?オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは?入っていないシャンプーは!?今選ぶならコレ!

2015年9月16日

ラウレス(ラウリル)硫酸Naとは?オレフィン(C14-16)スルホン酸Naとは?

ラウレス(ラウリル)硫酸Na
どちらも、非常に強い洗浄力を持つマイナスイオン(陰イオン)界面活性剤というもので、非常に強い脱脂力を持っており皮脂をはじめ、ホコリや整髪料などプラスイオンの(陽性に電荷している)物質を吸着して、すすぎで流れ落とす性質があります。

両者の違いは1つ1つの分子が小さいものがラウリル硫酸Na、対してその分子が巨大化したものがラウレス硫酸Na。
分子サイズの違いによりそれぞれ浸透力に違いがでる。

一般的なシャンプーでもよく見られるラウレス(ラウリル)硫酸Na
なぜ使われているのかというと

  • 非常に強い脱脂力をもっている
  • 洗浄力も強い
  • 原料代が非常に安価

と、安価なシャンプーから高価なシャンプーにまで使われていますね。

ただしこの成分の特徴として

  • 浸透力が強いため刺激を感じる方が多い
  • 必要以上にバリヤである皮脂などを落としてしまい、肌や髪を乾燥させ、無防備な状態にしてしまう
  • 原料屋さんでは、ラウリル硫酸水溶液が髪を傷ませるために使われている

原材料費が安価に済み、洗浄力も強いことから多様されているようです。
他にも肌や髪に良いと言われる成分はたくさんある中で使われているのですから、ちょっと考えものですね。

ただし、ラウレス(ラウリル)硫酸Naの危険性に気づきだす消費者も多くなったことから新たにこんな成分を使うシャンプーが増えてきているとのこと。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na配合シャンプー
つよい洗浄力を持ちながらも植物由来の成分。そのため、自然派としての良い印象を受けられがち。ただし、洗浄力は強力で合成洗剤などにも配合されているほど。

「天然由来成分配合!」を謳うシャンプーや石鹸などでも見られるオレフィン(C14-16)スルホン酸Na。

特徴としては

  • 原料代が安価に済む
  • 「自然派」・「無添加」「天然素材」・「植物由来」などと宣伝ができる。
  • 洗浄力がつよい

など。
ラウレス(ラウリル)硫酸Naに嫌悪感を抱いている人にとって魅力的と感じれる「天然素材」などのキーワードで宣伝が打てるのは魅力的でしょう。

ただし

  • 洗浄力が強すぎる

この一点が問題となり、つよい刺激を感じる方や肌や髪にダメージを受ける人が多いのも現状です。

これらの成分は少量の配合であれば問題ないのですが、『全成分表示』で先頭に表示されている場合には注意が必要です。
髪や頭皮のプロ達も、トラブルを回避するためにこれらの成分を意識したシャンプーなり、石鹸などをチョイスすることが多いんだとか。

この流れで私が今使い始めているおすすめのシャンプーがコレです。

ラサーナで洗う〜補う〜守る〜潤す

ラサーナ美髪プログラムセット

配合成分をみると先頭からに

全成分表示:水、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンTEA、・・・

と表記されていきます。

ココイルグルタミン酸TEAが主原料であれば高級アルコール系よりも皮膚刺激は抑えらています。

多少洗浄力は強めですが、ラウレス(ラウリル)硫酸Naやオレフィン(C14-16)スルホン酸Naを主原料としているものと比較すれば、だんぜん肌のことを考えていると言えるでしょう。

今ならラサーナ美髪プログラムセット通常22,356円のものが

  • 7,320円(税込・送料込み)

と、かなりお得に購入できるようです。

↓↓↓
↓↓↓
ラサーナ美髪プログラムセットの公式サイトへ♪

WEB限定での特価とのことで実店舗や他ネットショップ(Amazonや楽天など)でも取り扱いはありませんでした。
また、数量限定となっているようなので気になった方は早めの検討が吉かと思います。

実際に私が入手し使った感想をレポートした記事がこちら
↓↓↓
>>>ラサーナ(La Sana)美髪プログラムセットが届いた!使ってみた感じ・愛用者の口コミやレビュー・効果まとめ!

参考にしていただけましたら幸いです(^^)

今までのシャンプーに満足できていない方や、新しいものを探している方はぜひお得に試してみてくださいね♪

-美容
-, , ,