その二の腕のブツブツ、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)かもよ!?どんな症状?対策方法は?

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)とは

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)(keratosis pilaris)、または毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)とは、身体の毛孔内に角質が充満し表皮にまで盛り上がり丘疹を成す角化症、角質異常で、皮膚病のひとつ。小児期、思春期によく見られ、遺伝性が疑われる。各種の類似症例を毛嚢性角化症、または毛包性角化症と総称することもある。ごく希な例を除き自覚症状は無く、健康上重大な問題も起こらない。
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)

上腕部に発症した例

引用元:ウィキペディア

一見すると『あせも』のようなこの症状。

大きな疾患というわけではありませんが、二の腕などに出ると気になってしまいますよね。。。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の原因は!?

古くはビタミンAの欠乏、ホルモン代謝異常、脱脂線機能異常などが原因と考えられていたが、Zouboulisらの報告によれば18p11.3のlamininα1鎖遺伝子の変異が原因と見られており、更なる研究が待たれる所である

引用元:ウィキペディア

つまり、まだはっきりとした原因は解明されていないようです。
うーん。。。

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治療方法

角質溶解剤の塗布、部分的保湿などの対症療法で症状を改善することができる。角質溶解剤としてサリチル酸軟膏などが用いられるが、刺激が強い場合があるため注意を要する。保湿薬として各種尿素薬やヘパリン類似物質などが用いられる。

なるほど。
つまり保湿などで角質を柔らかくすることでケアできるとの見解のようです。

実は毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の人って多いんです。

「あ、この人も毛孔性苔癬だ。。」と思うことがここ最近多くなっています。
毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という言葉こそそこまで周知されていませんが、ニキビやあせもなどのブツブツと比較しても明らかな違いがあります。

  • 「じゃぁ、どうやってケアしたらいいの?」

毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)の治療に効果的なのは一にも二にも保湿+ちょっとの有効成分♪です!

ピュアルテなら二の腕のブツブツ・毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)をしっかりケアできると口コミでも話題!

>>>続きへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました