父と子・母と子の泣ける話。親子関係とは!?心にしみる話を集めてみました。

親子 ファッション

親子とはこういうもの。私が泣けた話

ケース1 「俺とオヤジに血のつながりがない事を俺は知らないと両親が思ってた事」

「俺とオヤジに血のつながりがない事を俺は知らないと両親が思ってた事」

結婚したい子が出来た、とオヤジに言ったら数日後「大事な話がある」と言われ家族会議になった。
今までにない、真剣な顔で

父「実は、俺と…俺と、お前は血のつながりがないんだ」
俺「…うん、知っ…」
父「でもな! でも! 父さんは、いつだってお前を本当のムスコと思ってきた!」
俺「いや、うん。だから、知っ…」
父「お前は、俺のムスコだぁぁぁぁ!」

父、涙目。
母、号泣。
俺、呆然。

父「うん、わかるよ、いきなりこんな事言われたら… 混乱するよな… 黙ってて悪かった。うん。父さんが悪かっ…」
俺「知ってるよね?俺」
父「うん、そうだよな……… あ?」
俺「いや、だから俺。それ知ってるよ」
父「え?」
俺「え?」

嘘みたいだけど、本当の会話。リアルで 「え?」を言い合うとは思ってもみなかったw
オヤジは、母親と結婚する前うちの隣に住んでた。
3才くらいの時、母親に

「たーちゃん(オヤジ)が、パパになったらあっくん(俺)はどう?」

と聞かれたのを覚えてる。

俺は、確か「すごく嬉しい」みたいな事を言ったはず。
それを母親に言ったら、

「だって… あっくん小さかったし。絶対覚えてないと思って…」

と泣かれた。
オヤジは、そっか。知ってたか。
知ってて一緒にいてくれたのか。と泣いた。

危うく俺も泣きそうになったw

出典:感動まとめサイト – 「kokoro堂」

私も歳をとったのでしょう。。。どうも、こういう話に弱くて涙がでてしまいます。

ケース2 涙のお味噌汁

6歳の娘がクリスマスの数日前から欲しいものを手紙に書いて窓際に置いておいたから、早速何が欲しいのかなぁと夫とキティちゃんの便箋を破らないようにして手紙を覗いてみたら、こう書いてあった。

「サンタさんへ おとうさんのガンがなおるくすりをください! おねがいします」

夫と顔を見合わせて苦笑いしたけれど、私だんだん悲しくなって少しメソメソしてしちゃったよw

昨日の夜、娘が眠ったあと、夫は娘が好きなプリキュアのキャラクター人形と「ガンがなおるおくすり」と普通の粉薬の袋に書いたものを置いておいた。

朝、娘が起きるとプリキュアの人形もだけれど、それ以上に薬を喜んで「ギャーっ!」って嬉しい叫びを上げてた。

ーーー

早速朝食を食べる夫の元にどたばたと行って

「ねえ! サンタさんからお父さんのガンが治る薬貰ったの! 早く飲んでみて!」
っていって、夫に薬を飲ませた。

夫が「お! 体の調子が、だんだんと良くなってきたみたいだ」と言うと娘が、

「ああ! 良かった~。これでお父さんとまた、山にハイキングに行ったり、動物園に行ったり、運動会に参加したりできるね~」
……っていうと

夫がだんだんと顔を悲しく歪めて、それから声を押し殺すようにして「ぐっ、ぐうっ」って泣き始めた。

私も貰い泣きしそうになったけれどなんとか泣かないように鍋の味噌汁をオタマで掬って無理やり飲み込んで態勢を整えた。

ーーー

夫は娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた。
その後、娘が近所の子に家にプリキュアの人形を持って遊びに行った後、夫が
「来年はお前がサンタさんだな……。しっかり頼むぞ」と言ったので、
つい私の涙腺が緩んで、わあわあ泣き続けた。

お椀の味噌汁に涙がいくつも混ざった。

出典:涙のお味噌汁 ~娘には「薬の効き目で涙が出てるんだ」と言い訳をしてた~ | 感動まとめサイト – 「kokoro堂」

はあぁ。。。ダメですね。
私は今幸せなのですね。もっと自覚しなくては。。。

続けて、、、

ケース3 3本のビデオ

サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。
その時、サキちゃんはまだ2歳。

「あなた、サキのためにビデオを3本残します。
このビデオの1本目は、サキの3歳の誕生日に。
2本目は小学校の入学式に。
そして3本目は…○○○の日に見せてあげてください」
まもなく、サキちゃんのママは天国へと旅立った。

ーーー

そして、サキちゃんの3歳の誕生日。1本目のビデオがかけられた。
(ビデオからつないだテレビ画面に、病室のママが映し出される)

「サキちゃん、お誕生日おめでとう。ママ、うれしいなぁ。
でもママはね、テレビの中に引っ越したの。
だから、こうやってしか会えない。
パパの言うことをよく聞いて、おりこうさんでいてね。
だったら、ママ、また会いに来ます」

ーーー

サキちゃんの小学校入学の日。2本目のビデオ。
「サキちゃん、大きくなったネ。おめでとう……。
ママ、うれしいな。どんなにこの日を待っていたか。
サキちゃん、ちゃんと聞いてね。 ママが今住んでいるところは、天国なの。
だから、もう会えない。
でもね、パパのお手伝いがちゃんとできたら、ママ、もう一回だけ、会いに来ます。
じゃあ、魔法をかけるよ。 エイッ!
ほうら、サキちゃんは料理や洗濯ができるようになりました」

ーーー

そして3本目のビデオ。そのタイトルは、こう書いてあった。

新しいママが来た日のサキちゃんに

そしてサキちゃんが10歳の時、パパは再婚し、新しいママが来た。
3人いっしょに、3本目のビデオを見つめた。
なつかしいママの顔が映し出された。

「サキちゃん、おうちの仕事、がんばったね。えらかったね。
でも、もう大丈夫。新しいママが来たんだから。
…… サキちゃん。今日で本当にお別れです。 ……
サキちゃん、今、身長はどれくらい?ママには見えない。
(泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)
ママ、もっと生きたい…。 あなたのために、おいしいものいっぱいつくってあげたい…。
あなたの成長を見つめていたい…。
じゃあ、サキちゃん、これがママの最後の魔法です。
それは、『ママを忘れる魔法』です。
ママを忘れて、パパと、新しいママと、楽しい暮らしをつくってください。
では、魔法をかけます。1、2、3、ハイッ!」

そこでビデオは終わった。

ーーー

しかし、サキちゃんに、この魔法は効かなかった。 パパと、新しいママにも効かなかった。
ママは、みんなの心の中に、ちゃんと残っていた。

そして今度は、サキちゃんが主役の、4本目のビデオがつくられたのだった。
天国のママに見てもらうために

出典:3本のビデオ | 涙腺崩壊 – 泣ける話・感動する話

はぁ。。。ダメですね。涙で目の前がかすみます。。。

言葉には力があるといいます。
こんなにまでも人の心を、私の心を突き動かすのですね。
今の自分の状況をもっと感謝したいと思いました。

大切な人へのプレゼント おすすめはジュエリーコネクションというショップ

親子
いつもお世話になっている両親や大切な人、そして恩人などにたまにはプレゼントというサプライズをしてみてはいかがでしょうか。

父の日に合わせて活用させていただきましたジュエリーコネクション。
>>>ハイセンスファッションならジュエリーコネクション(Jewelry Connection )が人気です。大切な方へのプレゼントランキングでも選ばれています。

開封などを記事にしてみましたので見ていただけたら幸いです。

後悔先にたたず。
たまには照れずに身近な人や大切な人に感謝の気持ちを伝えてみるのもいいのではないでしょうか(^^)

プレゼント選びにも人気のショップはこちらから
↓↓↓
ジュエリーコネクションの公式サイトへ
Daniel Wellington

コメント

タイトルとURLをコピーしました